未分類

タトゥーがあってもクリニックであれば脱毛できる場合がある

投稿日:

最近では若い人を中心にタトゥー(刺青)を入れる人が多くなりましたが、身体にタトゥーを入れると不便になることがたくさんあります。脱毛の施術もその一つといえるでしょう。

エステサロンやクリニックでは、タトゥーの入った人の脱毛を断るケースがあります。例えば、エステサロンに行って施術を受ける場合や、クリニックでレーザー脱毛の施術に臨む場合、刺青があると施術を断られる可能性があります。これは、見た目がいかがわしいからといった差別的な理由ではなく、刺青の色のついた部分がサロンやクリニックで使用する機器に反応してしまうと、皮膚が広範囲にわたって火傷をした状態になるおそれがあるのが理由です。

いったん刺青を入れてしまうと、除去するためにはダウンタイムを含めるとそれなりに長い期間がかかり、多額の出費を伴うので、脱毛の施術を受ける考えがあるのなら、刺青を入れるのは避けたほうが良いでしょう。ただし、クリニックで施術を受ける場合、絶縁針をつかった方法で体毛を除去するのであれば、タトゥーがある人でも施術を受けることができます。

絶縁針をつかった方法とは、毛根にむかって絶縁針を指した後、電流を流して熱を発生させて毛根部の組織にダメージを与える方法で、痛みを伴いますがレーザーを照射する方法より確実に効果が得られるといわれています。しかし、1本ずつ処理を行うため、1回の施術にかかる時間はレーザー照射による方法より断然長くなるので注意が必要です。

-未分類

Copyright© 名古屋・栄の脱毛サロン口コミ比較 , 2020 AllRights Reserved.